TOP > 総持寺通り通信 > 第3号 
第3号 2008年4月15日商店街復興委員会発行

新生の鼓動--雪割草まつりにぎわう
まつりを盛り上げたヨサコイ演舞


 総持寺通り商店街では3月22日から25日まで、能登・雪割草まつりを開きました。昨年の能登半島地震から1年に当たり、商店街では、支援への感謝の気持ちを込めて、雪割草の展示即売のほか、門前高校生ら6団体によるヨサコイの演舞、復興祈念写真展などを実施、大勢の観光客らでにぎわいました。商店街関係者はこの盛り上がりに手ごたえを感じながら、商店街の発展へ決意を新たにしました。

 展示即売やヨサコイ、写真展も
雪割草を買い求める観光客
愛らしい雪割草の数々

 今回は震災から1年が経過し、復興をアピールする機会ととらえ、例年にもまして準備に力を入れました。雪割草の展示即売については、会場を支所前のほか、堀端会場、図書館、さらに新たに禅の里交流館にも設けました。いずれの会場も大変な人気で、準備した約二千鉢がほぼ売り切れました。改めて雪割草のもつ魅力の大きさを感じました。雪割草の押し花教室も開き、愛好者らが訪れました。
 もんぜんやでは、震災復興祈念写真展を開催、被災家屋や再建して営業を再開した商店、3月の「そばの市」などの様子を23枚の写真パネルで紹介し、来場者の目を引きました。




オリジナル和菓子を開発へ 
商店街では、復興事業としてオリジナル和菓子を開発中です。門前の新たな名物にする狙いで、市内の和菓子店と提携し、常用まんじゅう、柚餅子、焼菓子など数種類を試作し、商店街関係者らから感想を聞いています。

オリジナル和菓子の試作品

震災体験を写真や手記で紹介
  商店街HPを刷新、拡充


商店街が震災復興事業の一環としてリニューアル作業を進めていました「総持寺通り商店街ホームページ」(HP)が完成しました。震災直後の状況や復興に向けての歩みを写真や被災者の手記で紹介するコーナーなどがあり、見ごたえのある内容になっています。
 能登半島地震関係では、地震の生々しい様子を写真で伝える「能登半島地震の記録」や被災者の手記を収めた「震災を語る」、「ボランティアの皆様へメッセージ」などがあります。
 このほか、イベント情報、ブログ「もんぜんや便り」、商店街マップなどが掲載されています。ぜひ、一度ご覧下さい。(このホームページです)

 お問合せ 門前町商工会 電話 0768−42−0360