TOP > 総持寺通り通信 > 第4号 
第4号 2008年9月1日商店街復興委員会発行

ビアガーデン開く
ビアガーデンで談笑する来場者
客席と一体となった楽しいステージ
バンドの生演奏を楽しむお客
浴衣姿の女性も多数訪れ、
イベントに花を添えました


 歓談、生演奏 夏の夜を満喫

 総持寺通り協同組合では8月9日、ビアガーデンを禅の里交流館広場で開きました。夏のひとときを市民の方々に楽しく過ごしてもらおうと初めて実施したものです。地元のバンド・「By‐Street」が軽快なサウンドを響かせ、会場は雰囲気満点。訪れた人たちは、ビールを片手に歓談したり、演奏を聴いたりと、日中の暑さを忘れて、真夏の夜を満喫しました。活気と華やかさにあふれたひとときを写真で紹介します。


新たな交流の場に
    旧酒井邸の改修終わる

 禅の里交流館の別館・旧酒井邸の改修がこのほど終わりました。旧酒井邸は、明治28年建造の市指定文化財で、歴史的趣がある建物です。
 住民らの生涯学習や集会、交流活動の場としての活用が期待されています。
改修が終わった旧酒井邸


ファン倶楽部 会員を募る
  門前とご縁結び 魅力満喫


 総持寺通り商店街復興委員会では、門前を愛する、あるいは応援したいという人のネットワークづくりを図るため、「能登・門前ファン倶楽部」をつくることにしました。能登半島地震に際しては、ボランティア活動などで大勢の人に門前に来ていただきましたが、こうしたご縁を大切にして、様々な人たちとさらなるお付き合いをしていきたいと考えています。会員になっていただいた方には、門前の特産品などをプレゼントするほか、交流会などのイベントへ優先参加ができます。ファン倶楽部への入会を心からお待ちしています。

復興委員会事務局(門前町商工会)
〒927-2151
輪島市門前町走出2―121
でんわ0768(42)0360
 会員サービスは、特産品などの贈呈のほか、会報などによる情報提供なども予定しています。 入会資格はなく、どなたでも会員になれます。年会費は一口一千円で、期間は初年度が平成21年1月1日〜12月31日までです(1年ごとに更新)。募集人員は三百人で、入会希望、お問い合わせは、復興委員会事務局(門前町商工会)まで


横浜・鶴見区と交流
鶴見区の大本山總持寺内に
設置された義援金箱

     町商工会など一行が訪問

 門前町の町商工会と門前総合支所では、本山総持寺がある横浜市鶴見区と交流を進めるため、6月下旬に鶴見区の大本山總持寺と区役所、豊岡商店街などを訪れました。
 今回の震災を機に鶴見区との結びつきを強めようという狙いで行われました。町商工会では、11月にも鶴見区内で門前の物産展を計画しており、鶴見区からも門前に訪れてもらい、相互に交流を図る方向で準備を進めています。


上海出身のamin(アミン)ら迎え
 10月にライブ in 總持寺2008開催


 総持寺通り協同組合では門前町商工会との共催で10月11日午後2時から、大本山總持寺祖院で「能登ふるさと博 ライブ in 總持寺2008」を開きます。中国上海出身のシンガーソングライターamin(アミン)をはじめ、輪島市内の子ども太鼓グループ「和太鼓・虎之介」、輪島・御神乗太鼓などの団体が出演します。入場料収入は、能登半島地震からの復興を目指す大本山總持寺祖院の再建に役立てられることになっ
り、鶴見区からも門前に訪れてもらい、相互に交流を図る方向で準備を進めています。
  aminは現在、東京と上海を拠点に活動しており、我が国ではウーロン茶のCMソングを歌って有名になりました。2005年には、NHK紅白歌合戦にも出場しています。日本での初のフルアルバムには、「おなじ空の下」があります。地元門前からは、おなじみのバイ‐ストリートバンドが出演します。
当日は門前大市「放生市」の期間中で、盛り上がりが期待できます。


 お問い合せ 門前町商工会 電話 0768−42−0360